ペニス増大、ED治療(勃起不全改善)、精力増進などに本当に効く精力剤の情報を公開

ED治療・精力剤裏情報トップ

第零章 【専門家監修】EDについて詳しく解説!

HOME << EDについて:4.ペニス増大のメカニズム

4.ペニス増大のメカニズム

自分のペニスは大きい?小さい?

 男性であれば「自分のペニスが大きいのか?小さいのか?」という疑問を一度は持ったことがあるでしょう?他の人と比べることなど出来ませんので、ここでは「ペニスのサイズがどうして大きくなるのか?」をお話ししましょう。

 ペニスは、動脈血管・海綿体・尿道・包皮で成り立っています。そして、海綿体には陰茎海綿体ろ尿道海綿体が存在します。勃起とはこの海綿体に、血液が流れて膨張することを指します。普段は平滑筋という筋肉によって血流を制御しており、陰茎海綿体に血液が流れ込むことはありません。しかし、性的な信号を脳がキャッチしたことで、この平滑筋が開き、血液が流れ込むというシステムになっているのです。そして、海綿体に血管・毛細血管が集まったスポンジ状の器官であり、その血管の太さ=ペニスの大きというわけなのです。

ペニスを大きくすることはできない?

 答えは、「できます。」と言えます。「血流の増加によって、血管を太くすることが出来る。」という見解から、平滑筋の活動を活発にするために、「一酸化窒素」を摂取する方法があります。要するに「一酸化窒素」の働きで、脳からの信号発信の機会を増やし、平滑筋の活動量を増やし、血流の量を増やす。という狙いです。

 そして次に、「ペニス自体の細胞を大きくする。」という狙いから、血中に「アルギニン」を含むことでペニスの細胞自体を増大させる。という方法も紹介しましょう。アルギニンとは特殊なアミノ酸のことで、免疫力アップ・細胞増殖促進・コラーゲン生成の促進などに効果があると言われています。このアミノ酸を日常的に摂取することで、「ペニスの細胞自体を大きくする。」という方法です。

 このように日常で、「一酸化窒素」や「アルギニン」など、ペニス増大に効果のあると言われる物質の摂取を続けることで、ペニス増大を期待することが出来るでしょう。


Copyright (C) 精力剤情報局 All rights reserved.