ペニス増大、ED治療(勃起不全改善)、精力増進などに本当に効く精力剤の情報を公開

ED治療・精力剤裏情報トップ

第二章 ED治療薬のジェネリック医薬品

HOME << ED治療薬におけるジェネリックについて

ED治療薬におけるジェネリックについて

 ジェネリック医薬品とは特許が切れた医薬品を開発費を抑えて製造できる為、安価で効果が同じの医薬品の事です。

 ED治療薬に限らず日本ではジェネリック自体の普及率は先進国の中でとても低いです。その理由はやはりいくら同じといっても「効果」や「安全性」に完璧な保障が持てないからでしょう。実際に医者の中でもジェネリックを勧めない医者もありますからね。調べたアンケートによるとジェネリックを使用しない理由の1位が「医者が処方しないから」だった。

 更に日本ではバイアグラ等のED治療薬は保険が適用されず、医者の処方が必須です。正規バイアグラの平均価格は1錠1500円とめっちゃ高い!何錠処方するかにもよりますが、診察と処方で5万近くいく可能性もありますね。高いというイメージでデリケートな問題で医者に行きたくないって理由もあって、普及しないんでしょうね。

 2014年になってようやく日本ではバイアグラの特許が切れて、日本製のジェネリックが登場したのがニュースにもなっています。しかし平均価格は1錠1000円とそんなに変わらん…。今後色んな製薬会社から発売される予定なのでもっと安くなる可能性もありますけど。日本製って所で利用者が増える可能性もありますね。

 ジェネリックについて色々調べましたが、殆どの人が「効果が全く同じ」と捉えてるかもしれませんが、それは間違いかもしれません。「主要成分」が同じと捉えた方がいいですね。医療クリニックのHPでこんな事が書かれてます。要約しちゃいますが

「主要成分は同じにできるが、製法特許や製剤特許が切れてない場合が多く、コーティング部分に使われる添加物や薬の形状も同じにできない。よって薬が吸収される速度が変わる等の作用自体が大きく変わる可能性があり、効き過ぎる、効きにくい、副作用の出方に違いがあるといった差が生じる。」(詳しくはコチラ

 とあります。必ずしも同じじゃないんですね。だから効果が同じのモノが色んな所から発売されてるんですね。でも逆に言うと、その製造会社によって、もっと高性能というか効果的な面を発揮するという場合もあるんじゃないでしょうかね。

 自分が使用してるシアリス系の精力剤のジョナリスなんかは副作用が少ないのが特徴って言われてますね。確かに正規と比べましたが、ほてりや高揚感、鼻水といった副作用は正規と比べあまり感じませんでしたね。

 しかし精力剤ユーザーの人達はネットで個人輸入代行って手段で容易に安く入手できてるので、普及につながらないかもしれませんね。バイアグラ正規版であるファイザーのモノは高いですが、他の海外のジェネリックならモノによりますが、だいたい1錠数百円程度ですから。ただ偽物や海外発送なので、信用できそうなページから購入しないと届かない等のトラブルに注意しなければなりませんね。自分が使用してるジョナリスは、そういった点を全てカバーしてるので選んでます。

 ネットで個人輸入で入手できる3大治療薬のバイアグラ、シアリス、レビトラのジェネリックにどういうものがあるのか、値段や製造会社等を見て評価してみましたので、そちらも参考にして下さい。


Copyright (C) 精力剤情報局 All rights reserved.