ペニス増大、ED治療(勃起不全改善)、精力増進などに本当に効く精力剤の情報を公開

ED治療・精力剤裏情報トップ

第零章 【専門家監修】EDについて詳しく解説!

HOME << 何故EDになるのか?

何故EDになるのか?

どうしてインポテンツになってしまうのか。
インポの原因は、大きく分けて二つあります。

それは、「心因性」と「器質性」

私が自分のインポで真っ先に疑ったのは「心因性」です。
「心因性」とは、ストレスや心の問題によって起こるインポテンツを指しています。

私の場合、仕事の急な配置換え、出向先との人間関係がネックになって、疲れがたまっていたので、心因性を疑ったのです。

若い間のインポテンツは、この心因性であることが多いそうで、仕事のストレスの他にも彼女とのセックスがうまくいかない、初めてのセックスに対する不安なんかでもインポになることはあるそうです。

そして、そのほかにも、酒を飲みすぎたり、睡眠不足や運動不足、喫煙なども心因性インポテンツの原因になるようです。

誰にでも思い当たるところが多いだけに、気のせいじゃないのかとも思いやすいのですが、実際にインポテンツになってしまったのですから、私も例にもれず、当てはまっていたのだと今では思えます。

気になったなら、やはり早い段階でよく調べてみることが大事です。
あまり思い詰めるのは逆効果だと思いますが、インポも早いうちの方が、やっぱり薬も効きやすいと個人的には思います。

そして、もうひとつが「器質性」のインポテンツ。

器質性というのは、主に体の機能が原因で起こるインポテンツのことで、 ホルモンや血管、神経等の問題が原因で引き起こされます。

ここで勃起のメカニズムについて説明します。

私も自分がインポテンツになるまでは、勃起がどのようにして起こるのかなんてことには、まったく興味もなかったし、調べたこともありませんでした。

勃起なんて、何も考えなくても勝手に起こるものだと考えてました。

今これを読んでいる人は、きっと私と同じ様に、片っぱしからインポテンツの事を調べているはずで、勃起がどうして起こるのかという事も私と同じ様に知りたいはずだと思います。

メカニズムがわからないと、どうすればよくなるのかということもわからないし、効く薬が有ると言われても、何も納得できません。何よりも騙されてもわからないですから。

ペニスの中には海綿体を通る動脈があります。
興奮すると、この動脈が広がって、大量の血液が送られてペニスが膨張します。
そして、膨張することで逆に、海綿体の出口側にある静脈が圧迫されて血流が止まるので、血液が膨張したままペニスにためこまれるのです。

これがいわゆる勃起した状態です。

そして、この血液を送り込む働きをつかさどっているのが自律神経で、 興奮した状態になると、ペニスに血液を送り込むように命令するのです。

以上が勃起のメカニズムです。

つまり、身体機能が原因である「器質性」のインポテンツの場合、自律神経がうまく命令を送れない、血管が細くて十分な血液を送れない場合が考えられます。

他にも、ホルモン異常や、糖尿病などの病気が原因の場合もあります。

○インポが病気の前兆の場合も…!!

勃起するのに必要な血流は、通常の6倍以上と言われているそうです。
インポテンツは、体の異常信号だと言われていて、動脈硬化などの病気の前症状として現れることもあるそうです。

色々試してみても勃起が改善しない場合や、体の不調がある場合には、単なる疲れと一蹴してしまわないで、循環器系の医者等にかかってみるのも必要かもしれません。


Copyright (C) 精力剤情報局 All rights reserved.